海外事業コンサルティング 法人のお客さま よくある質問 お問い合わせ SNSのご紹介 twitter FACEBOOK

オンライン英会話のピクト|目的別に12のコースを設定

マンツーマンオンライン英会話ピクト
  • ピクト8つの特徴
  • 8つのレッスンコース
  • 料金プラン
  • 講師紹介

プロから学ぶ英会話の勉強方法

<一覧へ戻る

間違いを許す

日本人の大半は昔から、人前で目立つ様な行動が、例え良い行動だとしても、恥ずかしくてなかなか出来ません。最近は海外との距離が縮まり、オープンになってきてはいるものの、外国人に英語で道を尋ねられた時、「分からない」と言う事すら、 上手く表現出来なかったりします。学生時代、先生から指名されて答えを求められた時に、「間違えていたら恥ずかしい」と言う気持ちが強く、「分かりません」と発言するか、もしくは、次の人が呼ばれるまで黙り通した事も、 一回では済まないのではないでしょうか。英語圏の人々は、「日本人は何故、言いたい事を言わないのか」とよく問いかけてきます。この答えとしては、「波風を立てたくないから」等の他に、「間違えていたら恥ずかしいから」と言う理由もあると思います。 これが実は全てを物語っていて、英語圏の文化は、まさに「言いたい事を言う文化」なんですね。世界史を思い返しても分かる様に、英米の"積極性"は世界トップクラスなんですよね。つまり、短期間で英語を話せる様になるには、英語圏の人間になるのが一番なんです。 つまり、「言いたい事を言える様な性格の人間」になる事が、最短で英語を自分のものに出来る方法ではないでしょうか。ただ、急にそんな事が出来るなら、何の苦労もありませんよね。では、中でも簡単に出来る事は何か。それは、「英語を話す時だけでも、間違いを恐れない事」。 仕事でも、失敗した時の方が多くを学べます。あまり立て続けに失敗してはいけませんが、英会話は、仕事でも何でもなく、単なるコミュニケーションです。幾ら間違えても、得る物しかありません。英語が話せる日本人達は、口を揃えて、「間違えていてもいいから、 どんどん英話でやりとりをしていく事が、英語を覚える一番の近道である」と言っています。この言葉に嘘は無いと思いますので、皆さんも是非、英会話の時だけでも、積極的な人間になってみてはいかがでしょうか。
お気軽にレッスンをお試しください。いつでもご相談ください。
Success will knock at your door! copyright (c) 2010 PIKT Co.,Ltd.All Rights Reserved