?
?

    OEIC®トーイック)とは 

    Test of English for International

    Communication の略称で、英語による

コミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。

 2010年現在世界約120ヶ国で実施されており受験者

は年約600万人。日本では個人による受験のほかに

約2,700の企業・団体・学校などで採用されて

おり企業では自己啓発や英語研修の効果測定、新入社員の

英語能力測定などといった目的のほか、海外出張や駐在の

基準、昇進昇格の要件としても利用されています。大学で

は英語課程の単位認定や、特別推薦入試AO入試の条件とし

ても採用されています。

T


History of TOEIC®


日本に籍を置く?国際コミュニケーションズの当時の代表北岡靖男氏によって1970年代に発案され、米国の公共機関ETS(Educational Testing Service)によって開発されました。初めて実施されたのは1979年12月東京、札幌、名古屋、大阪、福岡でそのときの受験者数は3,000名余りでした。


 その後数年間、TOEIC受験者数に目立っ

た増加はなく、当時から認知度の高かった英検と比較して広く認知されない状況が続きました。しかし、1985年プラザ合意に伴う円の急騰によって日本企業の海外進出および現地法人化が進んだことにより、TOEICが海外要員の選抜試験をはじめ、社内検定制度に活用され始め、1986年には受験者数が10万人を超えました。1990年代にはバブル経済崩壊を迎え、受験者数も横ばいの状態が続きましが、1995年以降は受験者数が毎年増加し、1995年には56万5,000人、2000年にはついに100万人を超え、2007年は163万人に達しました。昨年2010年度は178万を超えました。

special guest:

英語キャリア教育研究所長深川善孝氏

参考資料:

財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会ホームページより

?